|

人生で一番怖かったこと The Scariest Memory in My Life

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

これは おばけです。

これは へびです。

これは ジェットコースターじぇっとこーすたーです。

おばけは こわいですか。

それとも こわくないですか。

へびは こわいですか。

こわくないですか。

ジェットコースターじぇっとこーすたーは こわいですか。

こわくないですか。

わたしは 全部 こわいです。

おばけも へびも ジェットコースターじぇっとこーすたーも 全部 こわいです。

今日きょうは わたしが 人生じんせいで 一番いちばん こわかったことについて おはなしします。

わたしが いままでで 一番いちばん こわいと 思ったことについて おはなしします。

いま 2021年にせんにじゅういちねんです。

今年ことしの 1月1日いちがつついたち お正月しょうがつです。

今年ことしの お正月しょうがつに 家族かぞくで キャンプきゃんぷに きました。

わたしたちの いえは 福岡ふくおかに あります。

キャンプ場きゃんぷじょうは 大分おおいたに あります。

大分おおいたに キャンプきゃんぷに きました。

大分おおいたでは その まえ、 前日ぜんじつ 12月31日じゅうにがつさんじゅういちにちに たくさん ゆきが りました。

なので 道路どうろにも ゆきが もっていました。

ここは キャンプ場きゃんぷじょうです。

キャンプ場きゃんぷじょうから くるまで 30分位さんじゅっぷんくらいの 場所ばしょに 温泉おんせんが ありました。

これは 温泉おんせんです。

風呂ふろです。

キャンプ場きゃんぷじょうは ゆきが っていて とても さむかったです。

とても さむかったので 温泉おんせんに こうと おもいました。

みんなで 温泉おんせんに って あたたかい あたたかい お風呂ふろに はいろうと おもいました。

みんなで くるまに りました。

おっとが 運転うんてんしました。

キャンプ場きゃんぷじょうを 出発しゅっぱつします。

温泉おんせんに かいます。

途中とちゅうに キャンプ場きゃんぷじょうから 温泉おんせんに く 途中とちゅうに さかが ありました。

さかです。

なだらかな さか、 ゆるやかな さかではありません。

きゅうな さかです。

きゅうな さかが ありました。

さかの よこは がけです。

したは かわです。

したには かわが あります。

まえ 前日ぜんじつに ゆきが ったので 道路どうろは こおっていました。

これは みずです。 

これは こおりです。

こおっています。

道路どうろも こおっていました。

ツルッつるっ ツルッつるっと すべります。

くるまが さかを がろうとします。

でも すべって がれません。

がることが できません。

がろうとします。

すると すこしずつ すこしずつ くるまが ひだりに きます。

ちょっとずつ ちょっとずつ ひだりに きます。

日本にほんの くるまは 運転うんてんするひとが みぎに ります。

運転席うんてんせきが みぎです。

おっとが 運転うんてんしていたので おっとが 右側みぎがわに っていました。

わたしが 左側ひだりがわに っていました。

子供こどもたちは うしろに っていました。

くるまが すこしずつ すこしずつ ひだりに きます。

わたしは ちると おもいました。

そして ぬと おもいました。

くるまが ちてしまう そして 家族かぞく みんな んでしまうと おもいました。

とっても こわかったです。

人生じんせいで 一番いちばん こわかったです。

わたしは こわくて いていました。

わたしたちは くるまを りました。

くるまを めて そとに ました。

どうしよう どうしようと こまっていました。

そのとき うしろから トラックとらっくが ました。

トラックとらっくから おとこひとが りてきました。

わかい おとこひとが りてきました。

「どうしましたか。」

くるまが さかを のぼれません。」

くるまが さかを がれません。」と いました。 

説明せつめいしました。

わかい おとこひとは 「大丈夫だいじょうぶですよ。」と いました。

家族かぞくです。

親戚しんせきです。

そのひとは 「親戚しんせきが さかの うえに んでいます。

さかの うえに んでいる 親戚しんせきが います。

電話でんわをして 親戚しんせきを びます。」と いました。

そして 電話でんわをして 親戚しんせきの おじさんを んでくれました。

そして おじさんの くるまで わたしたちの くるまを ってくれました。

さかの うえまで ってくれました。

わたしたちは 2人ふたりに たすけてもらいました。

わたしは 今度こんどは うれしくて きました。

ちなくて かった ななくて かった 2人ふたりが たすけてくれて かったと 安心あんしんしました。

安心あんしんして なみだが ました。

「ありがとうございました。」「ありがとうございました。」と おれいを いました。

そのあと みんなで 温泉おんせんに きました。

今日きょうは わたしが いままでで 一番いちばん こわい おもいをした 出来事できごとについて おはなししました。

今日きょうは これで おしまい。

これはおばけです。

これはへびです。

これはジェットコースターじぇっとこーすたーです。

おばけはこわいですか。

それともこわくないですか。

へびこわいですか。

こわくないですか。

ジェットコースターじぇっとこーすたーこわいですか。

こわくないですか。

わたしは全部こわいです。

おばけもへびジェットコースターじぇっとこーすたーも、全部こわいです。

今日きょうは、わたし人生じんせい一番いちばんこわかったことについておはなしします。

わたしいままでで一番いちばんこわいと思ったことについておはなしします。

いま2021年にせんにじゅういちねんです。

今年ことし1月1日いちがつついたち、お正月しょうがつです。

今年ことしのお正月しょうがつ家族かぞくキャンプきゃんぷきました。

わたしたちのいえ福岡ふくおかにあります。

キャンプ場きゃんぷじょう大分おおいたにあります。

大分おおいたキャンプきゃんぷきました。

大分おおいたではそのまえ前日ぜんじつ12月31日じゅうにがつさんじゅういちにちに、たくさんゆきりました。

なので道路どうろにもゆきもっていました。

ここはキャンプ場きゃんぷじょうです。

キャンプ場きゃんぷじょうからくるま30分位さんじゅっぷんくらい場所ばしょに、温泉おんせんがありました。

これは温泉おんせんです。

風呂ふろです。

キャンプ場きゃんぷじょうゆきっていてとてもさむかったです。

とてもさむかったので、温泉おんせんこうとおもいました。

みんなで温泉おんせんって、あたたかい、あたたかいお風呂ふろはいろうとおもいました。

みんなでくるまりました。

おっと運転うんてんしました。

キャンプ場きゃんぷじょう出発しゅっぱつします。

温泉おんせんかいます。

途中とちゅうに、キャンプ場きゃんぷじょうから温泉おんせん途中とちゅうに、さかがありました。

さかです。

なだらかなさかゆるやかなさかではありません。

きゅうさかです。

きゅうさかがありました。

さかよこがけです。

したかわです。

したにはかわがあります。

まえ、前日ぜんじつゆきったので、道路どうろこおっていました。

これはみずです。 

これはこおりです。

こおっています。

道路どうろこおっていました。

ツルッつるっツルッつるっすべります。

くるまさかがろうとします。

でもすべってがれません。

がることができません。

がろうとします。

するとすこしずつすこしずつくるまひだりきます。

ちょっとずつちょっとずつひだりきます。

日本にほんくるま運転うんてんするひとみぎります。

運転席うんてんせきみぎです。

おっと運転うんてんしていたので、おっと右側みぎがわっていました。

わたし左側ひだりがわっていました。

子供こどもたちはうしろにっていました。

くるますこしずつすこしずつひだりきます。

わたしちるとおもいました。

そしてぬとおもいました。

くるまちてしまう、そして家族かぞくみんなんでしまうとおもいました。

とってもこわかったです。

人生じんせい一番いちばんこわかったです。

わたしこわくていていました。

わたしたちはくるまりました。

くるまめてそとました。

どうしよう、どうしようとこまっていました。

そのときうしろからトラックとらっくました。

トラックとらっくからおとこひとりてきました。

わかおとこひとりてきました。

「どうしましたか。」

くるまさかのぼれません。」

くるまさかがれません。」といました。 

説明せつめいしました。

わかおとこひとは「大丈夫だいじょうぶですよ。」といました。

家族かぞくです。

親戚しんせきです。

そのひとは「親戚しんせきさかうえんでいます。

さかうえんでいる親戚しんせきがいます。

電話でんわをして親戚しんせきびます。」といました。

そして電話でんわをして親戚しんせきのおじさんをんでくれました。

そしておじさんのくるまで、わたしたちのくるまってくれました。

さかうえまでってくれました。

わたしたちは2人ふたりたすけてもらいました。

わたし今度こんどうれしくてきました。

ちなくてかった、ななくてかった、2人ふたりたすけてくれてかったと安心あんしんしました。

安心あんしんしてなみだました。

「ありがとうございました。」「ありがとうございました。」とおれいいました。

そのあとみんなで温泉おんせんきました。

今日きょうは、わたしいままでで一番いちばんこわおもいをした出来事できごとについておはなししました。

今日きょうはこれでおしまい。

これはおばけです。これは蛇です。これはジェットコースターです。

おばけは怖いですか。それとも怖くないですか。蛇は怖いですか。怖くないですか。ジェットコースターは怖いですか。怖くないですか。

私は全部怖いです。おばけも蛇もジェットコースターも全部怖いです。

今日は私が人生で一番怖かったことについてお話します。私が今までで一番怖いと思ったことについてお話します。

今2021年です。今年の1月1日。お正月です。今年のお正月に家族でキャンプに行きました。

私たちの家は福岡にあります。キャンプ場は大分にあります。大分にキャンプに行きました。大分ではその前の日、前日、12月31日にたくさん雪が降りました。なので道路にも雪が積もっていました。

ここはキャンプ場です。キャンプ場から車で30分位の場所に温泉がありました。これは温泉です。お風呂です。キャンプ場は雪が降っていてとても寒かったです。

とても寒かったので、温泉に行こうと思いました。みんなで温泉に行って温かい、温かいお風呂に入ろうと思いました。

みんなで車に乗りました。夫が運転しました。キャンプ場を出発します。温泉に向かいます。

途中に、キャンプ場から温泉に行く途中に、坂がありました。坂です。なだらかな坂、緩やかな坂ではありません。急な坂です。急な坂がありました。坂の横は崖です。下は川です。下には川があります。

前の日、前日に、雪が降ったので道路は凍っていました。これは水です。これは氷です。凍っています。道路も凍っていました。ツルッツルッと滑ります。

車が坂を上がろうとします。でも滑って上がれません。上がることができません。上がろうとします。すると少しずつ少しずつ、車が左に行きます。ちょっとずつちょっとずつ左に行きます。

日本の車は運転する人が右に乗ります。運転席が右です。夫が運転していたので夫が右側に乗っていました。私が左側に乗っていました。子供たちは後ろに乗っていました。

車が少しずつ少しずつ左に行きます。私は落ちる!と思いました。そして、死ぬ!と思いました。車が落ちてしまう、そして家族みんな死んでしまうと思いました。とっても怖かったです。人生で一番怖かったです。私は怖くて泣いていました。

私達は車を降りました。車を止めて外に出ました。どうしよう、どうしようと困っていました。

その時後ろからトラックが来ました。トラックから男の人が降りてきました。若い男の人が降りてきました。「どうしましたか」「車が坂を登れません。」「車が坂を上がれません。」と言いました。説明しました。

若い男の人は「大丈夫ですよ!」と言いました。家族です。親戚です。その人は「親戚が坂の上に住んでいます。坂の上に住んでいる親戚がいます。電話をして親戚を呼びます。」と言いました。

そして電話をして親戚のおじさんを呼んでくれました。そしておじさんの車で私達の車を引っ張ってくれました。坂の上まで引っ張ってくれました。

私達は2人に助けてもらいました。私は今度は嬉しくて泣きました。落ちなくて良かった、死ななくて良かった、2人が助けてくれて良かったと安心しました。安心して涙が出ました。

「ありがとうございました。」「ありがとうございました。」とお礼を言いました。

その後みんなで温泉に行きました。

今日は、私が今までで一番怖い思いをした出来事についてお話しました。

今日はこれでおしまい。

More Lessons

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments