|

大きなかぶ The Enormous Turnip

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

これは かぶです。

しろくて まるい 野菜やさいです。

今日きょうは 「おおきな かぶ」 おおきな かぶの おはなしをします。

しろ あお あか

どこの くにの 国旗こっきですか。

ロシアろしあの 国旗こっきです。

おおきな かぶ」は ロシアろしあの 昔話むかしばなしです。

おじいさんが います。

これは かぶです。

これは かぶの たねです。

おじいさんが かぶの たねを えます。

これは つちです。

おじいさんが つちに かぶの たねを えました。

おおきく なあれ。 おいしく なあれ。」

おおきな かぶに なあれ。 おいしい かぶに なあれ。」と いながら おじいさんは 毎日まいにち 毎日まいにち かぶの お世話せわを しました。

すると かぶは おおきく なりました。

どんどん どんどん おおきく なりました。

もっと おおきく なりました。

巨大きょだいな かぶに なりました。

おじいさんは 「よし かぶを こう!」と おもいました。

おじいさん 一人ひとりで かぶを こうと します。

「よいしょ よいしょ」

かぶは けません。

かぶは おおき過ぎて けません。

おじいさんは おばあさんを びます。

おばあさんがました。

おばあさんが おじいさんを 手伝てつだいます。

二人ふたりで 一緒いっしょに 「よいしょ よいしょ」 かぶを こうと します。

でも 二人ふたりで っても けません。

まだ けません。

今度こんどは まごを びます。

まごが ました。

まごも 手伝てつだいます。

三人さんにんで 「よいしょ よいしょ」 かぶを ります。

それでも けません。

まだ けません。

今度こんどは いぬを びます。

いぬが ました。

いぬも 手伝てつだいます。

「よいしょ よいしょ」 まだ けません。

ねこが ました。

ねこも 手伝てつだいます。

「よいしょ よいしょ」

それでも かぶは けません。

今度こんどは ネズミねずみが ました。

ネズミねずみも 手伝てつだいます。

みんなで 一緒いっしょに 「よいしょ よいしょ」 かぶを ります。

すると ぽーんっ かぶが けました。

やっと けました。

「やったー! けた!」

みんな よろこんでいます。

みんな うれしそうです。

おしまい。

これはかぶです。

しろくてまる野菜やさいです。

今日きょうは「おおきな かぶ」おおきなかぶのおはなしをします。

しろあおあか

どこのくに国旗こっきですか。

ロシアろしあ国旗こっきです。

おおきなかぶ」はロシアろしあ昔話むかしばなしです。

おじいさんがいます。

これはかぶです。

これはかぶのたねです。

おじいさんがかぶのたねえます。

これはつちです。

おじいさんがつちにかぶのたねえました。

おおきくなあれ。おいしくなあれ。」

おおきなかぶになあれ。おいしいかぶになあれ。」といながら、おじいさんは毎日まいにち 毎日まいにちかぶのお世話せわをしました。

するとかぶはおおきくなりました。

どんどんどんどんおおきくなりました。

もっとおおきくなりました。

巨大きょだいなかぶになりました。

おじいさんは「よし!かぶをこう!」とおもいました。

おじいさん一人ひとりでかぶをこうとします。

「よいしょ、よいしょ」

かぶはけません。

かぶはおおき過ぎてけません。

おじいさんはおばあさんをびます。

おばあさんがました。

おばあさんがおじいさんを手伝てつだいます。

二人ふたり一緒いっしょに「よいしょ、よいしょ」かぶをこうとします。

でも二人ふたりってもけません。

まだけません。

今度こんどまごびます。

まごました。

まご手伝てつだいます。

三人さんにんで「よいしょ、よいしょ」かぶをります。

それでもけません。

まだけません。

今度こんどいぬびます。

いぬました。

いぬ手伝てつだいます。

「よいしょ、よいしょ」まだけません。

ねこました。

ねこ手伝てつだいます。

「よいしょ、よいしょ」

それでもかぶはけません。

今度こんどネズミねずみました。

ネズミねずみ手伝てつだいます。

みんなで一緒いっしょに「よいしょ、よいしょ」かぶをります。

すると、ぽーんっ!かぶがけました。

やっとけました。

「やったー!けた!」

みんなよろこんでいます。

みんなうれしそうです。

おしまい。

これはかぶです。白くて丸い野菜です。

今日は「大きなかぶ」大きなかぶのお話をします。

白、青、赤。どこの国の国旗ですか。ロシアの国旗です。「大きなかぶ」はロシアの昔話です。

おじいさんがいます。これはかぶです。これはかぶの種です。おじいさんがかぶの種を植えます。これは土です。おじいさんが土にかぶの種を植えました。

「大きくなあれ。おいしくなあれ。」「大きなかぶになあれ。おいしいかぶになあれ。」と言いながら、おじいさんは毎日毎日かぶのお世話をしました。

するとかぶは大きくなりました。どんどんどんどん大きくなりました。もっと大きくなりました。巨大なかぶになりました。おじいさんは「よし!かぶを抜こう!」と思いました。

おじいさん一人でかぶを抜こうとします。「よいしょ、よいしょ。」かぶは抜けません。かぶは大き過ぎて抜けません。

おじいさんはおばあさんを呼びます。おばあさんが来ました。おばあさんがおじいさんを手伝います。二人で一緒に「よいしょ、よいしょ。」かぶを抜こうとします。でも二人で引っ張っても抜けません。まだ抜けません。

今度は孫を呼びます。孫が来ました。孫も手伝います。三人で「よいしょ、よいしょ。」かぶを引っ張ります。それでも抜けません。まだ抜けません。

今度は犬を呼びます。犬が来ました。犬も手伝います。「よいしょ、よいしょ。」まだ抜けません。

猫が来ました。猫も手伝います。「よいしょ、よいしょ。」それでもかぶは抜けません。

今度はネズミが来ました。ネズミも手伝います。みんなで一緒に「よいしょ、よいしょ。」かぶを引っ張ります。

すると、ぽーんっ。かぶが抜けました。やっと抜けました。「やったー!抜けた!」みんな喜んでいます。みんな嬉しそうです。

おしまい。

More Lessons

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments