|

坂本龍馬 Ryoma Sakamoto

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

このひとを っていますか。

かれの 名前なまえは 坂本龍馬さかもとりょうまと いいます。

いまです。むかしです。

坂本龍馬さかもとりょうまは むかしの ひとです。

江戸時代えどじだいの ひとです。

日本にほんの 歴史上れきしじょうの 人物じんぶつ むかしの 人物じんぶつです。

今日きょうは 坂本龍馬さかもとりょうまについて おはなしします。

坂本龍馬さかもとりょうまは 1836年せんはっぴゃくさんじゅうろくねんに まれました。

江戸時代えどじだいです。

土佐とさで まれました。

ここが 土佐とさです。

土佐とさで まれました。

これが 龍馬りょうまです。

龍馬りょうまには おにいさんが 一人ひとり おねえさんが 三人さんにん いました。

いちさん 5人兄弟ごにんきょうだいの 一番下いちばんした すえでした。

これは かたなです。

けんです。

けんで たたかいます。

剣術けんじゅつと いいます。

龍馬りょうまは 14歳じゅうよんさいときに 剣術けんじゅつを はじめました。

龍馬りょうまは 剣術けんじゅつが とても つよかったそうです。

もっと つよくなりたいです。

もっと つよくなるために 19歳じゅうきゅうさいときに 江戸えどに きます。

江戸えどは ここに ありました。

いまの 東京とうきょうです。

坂本龍馬さかもとりょうまは 江戸えどに って 江戸えどで 剣術けんじゅつの 練習れんしゅうを していました。

龍馬りょうまが 江戸えどに いるとき ある くろい ふねが ました。

おおきな くろい ふねが 日本にほんに 来ました。

とても おおきな ふねです。

おおきな 大砲たいほうも あります。

この ふねは アメリカあめりかから ました。

日本にほんの ひとたちは びっくりしました。

おおきな くろい アメリカあめりかの ふねを て びっくりしました。

そのころ 日本にほんは よわい くにでした。

アメリカあめりかや イギリスいぎりすは つよい くにでした。

日本にほんは アメリカあめりかや イギリスいぎりすのように つよくありませんでした。

日本にほんは おおきな ふねや 武器ぶきを っていません。

日本にほんには おおきな ふねや 武器ぶきは まだ ありませんでした。

なので みんな おどろきました。

龍馬りょうまも おどろきました。

そして 龍馬りょうまは おもいました。

いまの 日本にほんは ダメだめだ。

このままじゃ ダメだめだ。

いまの 日本にほんは よわすぎる。

もっと つよくならなければ、 もっと つよくならないと アメリカあめりかや ヨーロッパよーろっぱから 攻撃こうげきされてしまうと おもいました。

日本にほんを もっと つよい くににしよう、あたらしい 日本にほんを つくろうと おもいました。

そして 龍馬りょうまは 江戸えどから 土佐とさに かえります。

そこで 二人ふたりの ひとに 出会であいます。

ジョン万次郎じょんまんじろうと 勝海舟かつかいしゅうという ひとに 出会であいます。

かれらは まえに アメリカあめりかに ったことが あります。

アメリカあめりかに んでいました。

なので アメリカあめりかや ヨーロッパよーろっぱのことを よく っています。

アメリカあめりかや ヨーロッパよーろっぱのことに くわしいです。

龍馬りょうまは 二人ふたりから 外国がいこくのことについて おしえてもらいます。

二人ふたりから おしえてもらって 外国がいこくのことについて 勉強べんきょうします。

そのころの 日本にほんは 江戸時代えどじだいでした。

江戸幕府えどばくふが ありました。

龍馬りょうまは 江戸幕府えどばくふを こわして、江戸幕府えどばくふを なくして あたらしい 日本にほんを つくりたいと おもっていました。

そのためには みんなが 協力きょうりょくしなければいけません。

ここに 薩摩さつまという くにが ありました。

ここに 長州ちょうしゅうという くにが ありました。

薩摩さつまと 長州ちょうしゅうは とても つよかったです。

でも 薩摩さつまと 長州ちょうしゅうは とても なかが わるかったです。

龍馬りょうまは 薩摩さつまと 長州ちょうしゅうが 仲良なかよくなる 手伝てつだいを しました。

龍馬りょうまの おかげで 薩摩さつまと 長州ちょうしゅうは 仲良なかよくなりました。

そして みんなで 協力きょうりょくして みんなで ちからを わせて 江戸幕府えどばくふを こわしました。

なくしました。

そして あたらしい 日本にほんを つくりました。

でも 幕府ばくふの 人たちは 龍馬りょうまのことを おこっています。

1867年せんはっぴゃくろくじゅうななねん 龍馬りょうまは 京都きょうとに いました。

京都きょうとで かたなで ころされてしまいました。

龍馬りょうまは んでしまいました。

だれが 龍馬りょうまを ころしたのかは わかっていません。

わかりません。

龍馬りょうまは いまも 日本にほんで とても 人気にんきが あります。

これは テレビてれびです。

これは 映画館えいがかんです。

これは ほんです。

これは 漫画まんがです。

日本にほんには 坂本龍馬さかもとりょうまの ドラマどらまや 映画えいがや ほんや 漫画まんがが たくさん あります。

とても 人気にんきです。

これは 銅像どうぞうです。

日本中にほんじゅう 色々いろいろな 場所ばしょに 坂本龍馬さかもとりょうまの 銅像どうぞうが あります。

今日きょうは 日本にほんの 歴史上れきしじょうの 人物じんぶつ 坂本龍馬さかもとりょうまについて おはなししました。

今日きょうは これで おしまい。

またね!

このひとっていますか。

かれ名前なまえ坂本龍馬さかもとりょうまといいます。

いまです。むかしです。

坂本龍馬さかもとりょうまむかしひとです。

江戸時代えどじだいひとです。

日本にほん歴史上れきしじょう人物じんぶつむかし人物じんぶつです。

今日きょう坂本龍馬さかもとりょうまについておはなしします。

坂本龍馬さかもとりょうま1836年せんはっぴゃくさんじゅうろくねんまれました。

江戸時代えどじだいです。

土佐とさまれました。

ここが土佐とさです。

土佐とさまれました。

これが龍馬りょうまです。

龍馬りょうまにはおにいさんが一人ひとり、おねえさんが三人さんにんいました。

いちさん5人兄弟ごにんきょうだい一番下いちばんしたすえでした。

これはかたなです。

けんです。

けんたたかいます。

剣術けんじゅつといいます。

龍馬りょうま14歳じゅうよんさいとき剣術けんじゅつはじめました。

龍馬りょうま剣術けんじゅつがとてもつよかったそうです。

もっとつよくなりたいです。

もっとつよくなるために、19歳じゅうきゅうさいとき江戸えどきます。

江戸えどはここにありました。

いま東京とうきょうです。

坂本龍馬さかもとりょうま江戸えどって、江戸えど剣術けんじゅつ練習れんしゅうをしていました。

龍馬りょうま江戸えどにいるとき、あるくろふねました。

おおきなくろふね日本にほんに来ました。

とてもおおきなふねです。

おおきな大砲たいほうもあります。

このふねアメリカあめりかからました。

日本にほんひとたちはびっくりしました。

おおきなくろアメリカあめりかふねてびっくりしました。

そのころ日本にほんよわくにでした。

アメリカあめりかイギリスいぎりすつよくにでした。

日本にほんアメリカあめりかイギリスいぎりすのようにつよくありませんでした。

日本にほんおおきなふね武器ぶきっていません。

日本にほんにはおおきなふね武器ぶきはまだありませんでした。

なのでみんなおどろきました。

龍馬りょうまおどろきました。

そして龍馬りょうまおもいました。

いま日本にほんダメだめだ。

このままじゃダメだめだ。

いま日本にほんよわすぎる。

もっとつよくならなければ、もっとつよくならないとアメリカあめりかヨーロッパよーろっぱから攻撃こうげきされてしまうとおもいました。

日本にほんをもっとつよくににしよう、あたらしい日本にほんつくろうとおもいました。

そして龍馬りょうま江戸えどから土佐とさかえります。

そこで二人ふたりひと出会であいます。

ジョン万次郎じょんまんじろう勝海舟かつかいしゅうというひと出会であいます。

かれらはまえアメリカあめりかったことがあります。

アメリカあめりかんでいました。

なのでアメリカあめりかヨーロッパよーろっぱのことをよくっています。

アメリカあめりかヨーロッパよーろっぱのことにくわしいです。

龍馬りょうま二人ふたりから外国がいこくのことについておしえてもらいます。

二人ふたりからおしえてもらって、外国がいこくのことについて勉強べんきょうします。

そのころ日本にほん江戸時代えどじだいでした。

江戸幕府えどばくふがありました。

龍馬りょうま江戸幕府えどばくふこわして、江戸幕府えどばくふをなくして、あたらしい日本にほんつくりたいとおもっていました。

そのためにはみんなが協力きょうりょくしなければいけません。

ここに薩摩さつまというくにがありました。

ここに長州ちょうしゅうというくにがありました。

薩摩さつま長州ちょうしゅうはとてもつよかったです。

でも薩摩さつま長州ちょうしゅうはとてもなかわるかったです。

龍馬りょうま薩摩さつま長州ちょうしゅう仲良なかよくなる手伝てつだいをしました。

龍馬りょうまのおかげで薩摩さつま長州ちょうしゅう仲良なかよくなりました。

そしてみんなで協力きょうりょくして、みんなでちからわせて江戸幕府えどばくふこわしました。

なくしました。

そしてあたらしい日本にほんつくりました。

でも幕府ばくふの人たちは龍馬りょうまのことをおこっています。

1867年せんはっぴゃくろくじゅうななねん龍馬りょうま京都きょうとにいました。

京都きょうとかたなころされてしまいました。

龍馬りょうまんでしまいました。

だれ龍馬りょうまころしたのかはわかっていません。

わかりません。

龍馬りょうまいまも、日本にほんでとても人気にんきがあります。

これはテレビてれびです。

これは映画館えいがかんです。

これはほんです。

これは漫画まんがです。

日本にほんには、坂本龍馬さかもとりょうまドラマどらま映画えいがほん漫画まんががたくさんあります。

とても人気にんきです。

これは銅像どうぞうです。

日本中にほんじゅう色々いろいろ場所ばしょに、坂本龍馬さかもとりょうま銅像どうぞうがあります。

今日きょう日本にほん歴史上れきしじょう人物じんぶつ坂本龍馬さかもとりょうまについておはなししました。

今日きょうはこれでおしまい。

またね!

この人を知っていますか?彼の名前は坂本龍馬といいます。

今です。昔です。坂本龍馬は昔の人です。江戸時代の人です。日本の歴史上の人物、昔の人物です。今日は坂本龍馬についてお話します。

坂本龍馬は1836年に生まれました。江戸時代です。土佐で生まれました。ここが土佐です。土佐で生まれました。

これが龍馬です。龍馬にはお兄さんが一人、お姉さんが三人いました。12345、5人兄弟の一番下、末っ子でした。

これは刀です。剣です。剣で戦います。剣術といいます。龍馬は14歳の時に剣術を始めました。龍馬は剣術がとても強かったそうです。

もっと強くなりたいです。もっと強くなるために、19歳の時に江戸に行きます。江戸はここにありました。今の東京です。坂本龍馬は江戸に行って、江戸で剣術の練習をしていました。

龍馬が江戸にいる時、ある日黒い船が来ました。大きな黒い船が日本に来ました。とても大きな船です。大きな大砲もあります。この船はアメリカから来ました。日本の人たちはびっくりしました!大きな黒いアメリカの船を見てびっくりしました。

その頃日本は弱い国でした。アメリカやイギリスは強い国でした。日本はアメリカやイギリスのように強くありませんでした。日本は大きな船や武器を持っていません。日本には大きな船や武器はまだありませんでした。なのでみんな驚きました。龍馬も驚きました。

そして龍馬は思いました。今の日本はダメだ!このままじゃダメだ!今の日本は弱すぎる。もっと強くならなければ!もっと強くならないとアメリカやヨーロッパから攻撃されてしまうと思いました。日本をもっと強い国にしよう!新しい日本を作ろう!と思いました。

そして龍馬は江戸から土佐に帰ります。そこで二人の人に出会います。ジョン万次郎と勝海舟という人に出会います。

彼らは前にアメリカに行ったことがあります。アメリカに住んでいました。なのでアメリカやヨーロッパのことをよく知っています。アメリカやヨーロッパのことに詳しいです。龍馬は二人から外国のことについて教えてもらいます。二人から教えてもらって外国のことについて勉強します。

その頃の日本は江戸時代でした。江戸幕府がありました。龍馬は江戸幕府を壊して、江戸幕府をなくして、新しい日本を作りたいと思っていました。そのためにはみんなが協力しなければいけません。

ここに薩摩という国がありました。ここに長州という国がありました。薩摩と長州はとても強かったです。でも薩摩と長州はとても仲が悪かったです。龍馬は薩摩と長州が「仲良くなる手伝いをしました。龍馬のおかげで薩摩と長州は仲良くなりました。

そしてみんなで協力して、みんなで力を合わせて江戸幕府を壊しました。なくしました。そして新しい日本を作りました。

でも幕府の人たちは龍馬のことを怒っています。1867年、龍馬は京都にいました。京都で刀で殺されてしまいました。龍馬は死んでしまいました。誰が龍馬を殺したのかはわかっていません。わかりません。

龍馬は今も日本でとても人気があります。これはテレビです。これは映画館です。これは本です。これは漫画です。日本には坂本龍馬のドラマや映画や本や漫画がたくさんあります。とても人気です。これは銅像です。

日本中色々な場所に、坂本龍馬の銅像があります。

今日は日本の歴史上の人物、坂本龍馬についてお話しました。

今日はこれでおしまい。またね!

More Lessons

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments