|

金の斧 銀の斧 Mercury and the Woodman

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

きんおの ぎんおの」の おはなしです。

おとこひとが います。

このひとは こりです。

を おので る 仕事しごとをしています。

こりが を っていました。

かわが あります。

こりは おのを かわに としてしまいました。

こりは かなしいです。

「どうしよう…」

すると かわから 神様かみさまが てきました。

神様かみさまが てきました。

神様かみさまが こりに きます。

「あなたが としたのは きんの おのですか。

あなたが としたのは この きんの おのですか。」

こりが います。

「いいえ ちがいます。

きんの おのではありません。」

神様かみさまが また きます。

「あなたが としたのは この ぎんの おのですか。

あなたが としたのは この ぎんの おのですか。」

こりが います。

「いいえ ちがいます。

ぎんの おのではありません。」

神様かみさまが きます。」

「あなたが としたのは てつの おのですか。」

こりは います。

「はい そうです。」

こりは とっても 正直しょうじきです。

神様かみさまは こりに みっつ 全部ぜんぶ あげました。

べつの こりです。

べつの こりが そのはなしを きました。

この こりは わるい こりです。

その こりも おもいます。

自分じぶんも きんと ぎんの おのが しい。

その こりも かわに きます。

そして 自分じぶんの おのを わざと ぽいっ、 かわに ぽいっと げました。

神様かみさまが てきました。

神様かみさまが きます。

「あなたが としたのは この きんの おのですか。」

こりが います。

「はい そうです。」

こりは うそを つきました。

神様かみさまは おこります。

うそを ついては いけません。

だめです。」

神様かみさまは この こりには おのを ひとつも あげませんでした。

正直しょうじきな こりと うそつきの こりの おはなしでした。

おしまい。

またね!

きんおのぎんおの」のおはなしです。

おとこひとがいます。

このひとこりです。

おの仕事しごとをしています。

こりがっていました。

かわがあります。

こりはおのかわとしてしまいました。

こりはかなしいです。

「どうしよう…」

するとかわから神様かみさまてきました。

神様かみさまてきました。

神様かみさまこりにきます。

「あなたがとしたのはきんおのですか。

あなたがとしたのはこのきんおのですか。」

こりがいます。

「いいえ、ちがいます。

きんおのではありません。」

神様かみさまがまたきます。

「あなたがとしたのはこのぎんおのですか。

あなたがとしたのはこのぎんおのですか。」

こりがいます。

「いいえ、ちがいます。

ぎんおのではありません。」

神様かみさまきます。」

「あなたがとしたのはてつおのですか。」

こりはいます。

「はい、そうです。」

こりはとっても正直しょうじきです。

神様かみさまこりにみっ全部ぜんぶあげました。

べつこりです。

べつこりがそのはなしきました。

このこりはわるこりです。

そのこりもおもいます。

自分じぶんきんぎんおのしい。

そのこりもかわきます。

そして自分じぶんおのを、わざとぽいっ、かわにぽいっとげました。

神様かみさまてきました。

神様かみさまきます。

「あなたがとしたのはこのきんおのですか。」

こりがいます。

「はい、そうです。」

こりはうそをつきました。

神様かみさまおこります。

うそをついてはいけません。

だめです。」

神様かみさまはこのこりには、おのひとつもあげませんでした。

正直しょうじきこりとうそつきのこりのおはなしでした。

おしまい。

またね!

「金の斧 銀の斧」のお話です。

男の人がいます。この人は木こりです。木を斧で切る仕事をしています。

木こりが木を切っていました。川があります。木こりは斧を川に落としてしまいました。木こりは悲しいです。「どうしよう。」

すると川から神様が出てきました。神様が出てきました。神様が木こりに聞きます。

「あなたが落としたのは金の斧ですか。あなたが落としたのはこの金の斧ですか。」木こりが言います。「いいえ、違います。金の斧ではありません。」

神様がまた聞きます。「あなたが落としたのはこの銀の斧ですか。あなたが落としたのはこの銀の斧ですか。」木こりが言います。「いいえ、違います。銀の斧ではありません。」

神様が聞きます。「あなたが落としたのは鉄の斧ですか」木こりは言います。「はい、そうです。」

木こりはとっても正直です。神様は、木こりに3つ全部あげました。

別の木こりです。別の木こりがその話を聞きました。この木こりは悪い木こりです。その木こりも思います。自分も金と銀の斧が欲しい!

その木こりも川に行きます。そして自分の斧をわざと、ぽいっ、川にぽいっと投げました。

神様が出てきました。神様が聞きます。「あなたが落としたのはこの金の斧ですか?」木こりが言います。「はい、そうです。」

木こりは嘘をつきました。神様は怒ります。「嘘をついてはいけません。だめです。」神様は、この木こりには斧を一つもあげませんでした。

正直な木こりと嘘つきの木こりのお話でした。

おしまい。またね!

More Lessons

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments