|

赤ずきん Little Red Riding Hood

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

今日きょうは 「あかずきん」の はなしをします。

おんなが います。

おとこではありません。

おんなが います。

おんなは あかい 頭巾ずきんを かぶっています。

あかずきんと いいます。

これは あかずきんちゃんの おかあさんです。

これは あかずきんちゃんの おばあちゃんです。

かあさんが います。

「おばあちゃんが 病気びょうきです。

おばあちゃんが 病気びょうきです。

おばあちゃんが 病気びょうきで ています。

おばあちゃんの いえに お見舞みまいに って。」

「はーい ってきまーす!」

あかずきんちゃんは かけます。

あかずきんちゃんは もりの なかを あるいています。

すると オオカミおおかみに いました。

オオカミおおかみが きます。

あかずきんちゃん どこに くの。」

あかずきんちゃんが います。

「おばあちゃんの いえに きます。

おばあちゃんが 病気びょうきです。」

すると オオカミおおかみが います。

「あそこに はなが あるよ。

はなが たくさん あるよ。

はなを んで っていってあげたら。」

あかずきんちゃんが います。

「ありがとう オオカミおおかみさん。」

あかずきんちゃんは お花畑はなばたけに って はなを みます。

そのあいだに オオカミおおかみは おばあちゃんの いえに きます。

そして オオカミおおかみは おばあちゃんを ガブッがぶっ べてしまいました。

オオカミおおかみが おばあちゃんの ベッドべっどに ています。

あかずきんちゃんが ました。

「おばあちゃん どうして みみが おおきいの。」

「おまえの こえを くためだよ。」

「おばあちゃん どうして が おおきいの。」

「おまえを よーく るためだよ。」

「おばあちゃん どうして くちが おおきいの。」

「おまえを べるためだ。」

オオカミおおかみは あかずきんちゃんも ガブッがぶっ べてしまいました。

オオカミおおかみは おなかいっぱいです。

ぐーぐー ています。

そこへ おとこひとが ました。

なにか こえます。

たすけて たすけて。」と こえます。

おとこひとは オオカミおおかみの おなかを ります。

ハサミはさみで ちょきちょき りました。

オオカミおおかみの おなかの なかから あかずきんちゃんと おばあちゃんが てきました。

二人ふたりは たすかりました。

おしまい。

今日きょうは「あかずきん」のはなしをします。

おんながいます。

おとこではありません。

おんながいます。

おんなあか頭巾ずきんをかぶっています。

あかずきんといいます。

これはあかずきんちゃんのおかあさんです。

これはあかずきんちゃんのおばあちゃんです。

かあさんがいます。

「おばあちゃんが病気びょうきです。

おばあちゃんが病気びょうきです。

おばあちゃんが病気びょうきています。

おばあちゃんのいえにお見舞みまいにって。」

「はーい、ってきまーす!」

あかずきんちゃんはかけます。

あかずきんちゃんはもりなかあるいています。

するとオオカミおおかみいました。

オオカミおおかみきます。

あかずきんちゃん、どこにくの。」

あかずきんちゃんがいます。

「おばあちゃんのいえきます。

おばあちゃんが病気びょうきです。」

するとオオカミおおかみいます。

「あそこにはながあるよ。

はながたくさんあるよ。

はなんでっていってあげたら。」

あかずきんちゃんがいます。

「ありがとう、オオカミおおかみさん。」

あかずきんちゃんは、お花畑はなばたけってはなみます。

そのあいだに、オオカミおおかみはおばあちゃんのいえきます。

そしてオオカミおおかみは、おばあちゃんをガブッがぶっべてしまいました。

オオカミおおかみがおばあちゃんのベッドべっどています。

あかずきんちゃんがました。

「おばあちゃん、どうしてみみおおきいの。」

「おまえこえくためだよ。」

「おばあちゃん、どうしておおきいの。」

「おまえをよーくるためだよ。」

「おばあちゃん、どうしてくちおおきいの。」

「おまえべるためだ。」

オオカミおおかみは、あかずきんちゃんもガブッがぶっべてしまいました。

オオカミおおかみはおなかいっぱいです。

ぐーぐーています。

そこへおとこひとました。

なにこえます。

たすけて。たすけて。」とこえます。

おとこひとオオカミおおかみのおなかります。

ハサミはさみでちょきちょきりました。

オオカミおおかみのおなかなかから、あかずきんちゃんとおばあちゃんがてきました。

二人ふたりたすかりました。

おしまい。

今日は「赤ずきん」の話をします。

女の子がいます。男の子ではありません。女の子がいます。女の子は、赤い頭巾をかぶっています。赤ずきんといいます。

これは赤ずきんちゃんのお母さんです。これは赤ずきんちゃんのおばあちゃんです。

お母さんが言います。「おばあちゃんが病気です。おばあちゃんが病気です。おばあちゃんが病気で寝ています。おばあちゃんの家にお見舞いに行って。」

「はーい!行ってきまーす!」赤ずきんちゃんは出かけます。

赤ずきんちゃんは、森の中を歩いています。するとオオカミに会いました。

オオカミが聞きます。「赤ずきんちゃん、どこに行くの?」

赤ずきんちゃんが言います。「おばあちゃんの家に行きます。おばあちゃんが病気です。」

するとオオカミが言います。「あそこに花があるよ。花がたくさんあるよ。花を摘んで持っていってあげたら?」

赤ずきんちゃんが言います。「ありがとう!オオカミさん!」赤ずきんちゃんは、お花畑に行って花を摘みます。

その間に、オオカミはおばあちゃんの家に行きます。そしてオオカミは、おばあちゃんをガブッ、食べてしまいました。

オオカミがおばあちゃんのベッドに寝ています。赤ずきんちゃんが来ました。

「おばあちゃん、どうして耳が大きいの?」「お前の声を聞くためだよ。」

「おばあちゃん、どうして目が大きいの?」「お前をよーく見るためだよ。」

「おばあちゃん、どうして口が大きいの?」「お前を食べるためだ!」オオカミは、赤ずきんちゃんもガブッ、食べてしまいました。

オオカミはお腹いっぱいです。ぐーぐー寝ています。そこへ男の人が来ました。何か聞こえます。「助けて!助けて!」と聞こえます。

男の人は、オオカミのお腹を切ります。ハサミでちょきちょき切りました。オオカミのお腹の中から、赤ずきんちゃんとおばあちゃんが出てきました。二人は助かりました。

おしまい。

More Lessons

Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments