|

十二支 Japanese Zodiac

LoadingAdd to Playlist
Read Transcript

今日きょう十二支じゅうにしについてはなします。十二支じゅうにしは、この12種類じゅうにしゅるい動物どうぶつからなっています。

ネズミ、うし、トラ、ウサギ、たつへびうまひつじさるにわとりいぬ、イノシシ。この12種類じゅうにしゅるい動物どうぶつからなっています。

元々もともとは、昔々むかしむかし中国ちゅうごく日付ひづけとかつきとかとしあらわすために使つかわれていたそうです。

あとは時間じかんとか方角ほうがく十二支じゅうにし使つかってあらわしていたんだそうです。

それがむかし日本にほんにもつたわりました。

現在げんざい日本にほんでは日付ひづけつき時間じかん方角ほうがくにはもう使つかわれていないんですけど、ねんにだけはいまでも使つかわれています。

たとえば今年ことし2022年にせんにじゅうにねん寅年とらどしです。去年きょねん丑年うしどしでした。一昨年おととしはネズミどし、そのまえはイノシシどしでした。

来年らいねん兎年うさぎどしです。再来年さらいねん辰年たつどし、そのつぎとし蛇年へびどしです。

こんなふう毎年まいとしそのとし動物どうぶつまっています。

全部ぜんぶ12種類じゅうにしゅるいあるので12年じゅうにねん1回いっかいその動物どうぶつまわってきます。

だからつぎ寅年とらどしるのは2034年にせんさんじゅうよねんですね。前回ぜんかい寅年とらどしは2010年だったってことですね。

じつわたし寅年とらどしまれです。わたしまれたのは36年前さんじゅうろくねんまえ1986年せんきゅうひゃくはちじゅうろくねんです。1986年せんきゅうひゃくはちじゅうろくねん寅年とらどしでした。わたし寅年とらどしまれたので今年ことし年女としおんなです。わたしおっと今年ことし36歳さんじゅうろくさいになります。おなどしです。おっと寅年とらどしまれなので今年ことし年男としおとこです。

みなさんは何年なにどしですか。わたしおな寅年とらどしまれのひと今年ことし年男としおとこ年女としおんなですよ。

どうしてこの12種類じゅうにしゅるい動物どうぶつなんでしょう。そしてどうしてこの順番じゅんばんなんでしょうね。

じつ十二支じゅうにしがどうやってまったかについての物語ものがたりがあります。

いまからその物語ものがたり紹介しょうかいしたいとおもいます。

年末ねんまつのある神様かみさま動物どうぶつたちをあつめていました。

1月1日いちがつついたち元日がんじつあさわたしむこのやままでレースをしなさい。1番いちばんから12番じゅうにばんまでにゴールした動物どうぶつは、1年いちねんずつ交代こうたいで、順番じゅんばん動物どうぶつ王様おうさまにしてあげる!」

動物どうぶつたちは神様かみさまはなしいて「よし!12番じゅうにばんまでにはいれるように頑張がんばろう!」とおもいました。

ねこ神様かみさまはなしをちゃんといていませんでした。

途中とちゅう居眠いねむりしていました。

はなしわったあと、ましたねこは「あれ?レースはいつってってたっけ。きそびれちゃった。」といました。

するとそれをいていたネズミがやっててこういました。

ねこくん。レースは1月2日いちがつふつかあさだよ!頑張がんばってね!」

「ありがとうネズミくん!」

あれ?1月2日いちがつふつかあさでしたっけ?ちがいますよね。

ネズミうそをついたんです。ねこはネズミにだまされています。

12月31日じゅうにがつさんじゅういちにち大晦日おおみそかよるになりました。

最初さいしょ出発しゅっぱつしたのはうしでした。

ぼくはしるのがおそいから、みんなよりもはや出発しゅっぱつしなきゃ!」とうし一番いちばん出発しゅっぱつしました。

その様子ようすをネズミがこっそりていました。

ネズミはそーっとちかづいてうし背中せなかりました。

うしづいていません。

ネズミは自分じぶんはしらずにうしれてってもらおうとかんがえているんですね。

ネズミはずるがしこいですね。

けると、他の動物どうぶつ達も出発しゅっぱつはじめました。

ウサギはピョンピョンねていきました。

トラは「絶対ぜったい1番いちばんになってやる!」とすごいスピードではしってウサギをしていきました。

たつそらんでいきます。

へびはニョロニョロと地面じめんをはっていきます。

うまひつじ仲良なかよしです。「一緒いっしょ頑張がんばろう!」と仲良なかよはしっていきます。

さるいぬなかわるいです。喧嘩けんかをしながらはしっています。

そこににわとりがやってきました。「喧嘩けんかしないで!」と、二匹にひき喧嘩けんかめました。

二匹にひき喧嘩けんかをしないように、さるいぬあいだはしっていきました。

神様かみさまが「うし一番いちばんかぁ!」とおもっていると、ネズミがピョーンとりてさきにゴールしました。

それでネズミねずみ1番いちばんうし2番にばんになったんです。

3番目さんばんめにはトラが、トラにつづいてウサギがゴールしました。

そのつぎにゴールしたのはたつです。

そのあとへびもニョロニョロやってきました。

うまひつじ仲良なかよ一緒いっしょはしってきました。

でもゴールの直前ちょくぜんひつじが「うまさん、おさきにどうぞ。」とゆずったので、うまさきにゴールして、うまひつじ順番じゅんばんになりました。

さるいぬ喧嘩けんかをしないようににわとりあいだはいったので、さるにわとりいぬ順番じゅんばんでゴールしました。

最後さいご1匹いっぴきなん動物どうぶつでしょう。

もうスピードでやってたのはイノシシです。

イノシシはスピードをしすぎて、神様かみさまやまえてとなりやままでってしまいました。

ぎた!」とづいてもどって最後さいごにゴールしました。

というわけ十二支じゅうにしは、うしとらたつうまひつじさるとりいぬ。この順番じゅんばんまったんです。

みなさん、ネズミだまされたねこのことをおぼえていますか。

ねこはどうなったんでしょう。

1月2日いちがつふつかあさねこ神様かみさまのところにきました。

だれもいません。「だれもいない!一番いちばんだ!」とおもったら、神様かみさまからレースは昨日きのうだったといて、ねこは「ネズミだまされた!」と気付きづきました。

おこったねこはそれ以来いらい、ネズミをるといかけるようになったんだそうです。

今日きょう十二支じゅうにし紹介しょうかいしました。

今日きょうはこれでおしまい。またね!

今日は十二支について話します。十二支は、この12種類の動物からなっています。ネズミ、牛、トラ、ウサギ、辰、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、イノシシ。この12種類の動物からなっています。

元々は、昔々の中国で日付とか月とか年を表すために使われていたそうです。あとは時間とか方角も十二支を使って表していたんだそうです。それが昔、日本にも伝わりました。現在の日本では日付や月や時間や方角にはもう使われていないんですけど、年にだけは今でも使われています。

例えば今年2022年は寅年です。去年は丑年でした。一昨年はネズミ年、その前はイノシシ年でした。来年は兎年です。再来年は辰年、その次の年は蛇年です。

こんな風に毎年その年の動物が決まっています。全部で12種類あるので12年に1回その動物が回ってきます。だから次に寅年が来るのは2034年ですね。前回の寅年は2010年だったってことですね。

実は私は寅年生まれです。私が生まれたのは36年前、1986年です。1986年も寅年でした。私は寅年に生まれたので今年は年女です。私の夫も今年36歳になります。同い年です。夫も寅年生まれなので今年は年男です。皆さんは何年ですか。私と同じ寅年生まれの人は今年年男、年女ですよ。

どうしてこの12種類の動物なんでしょう。そしてどうしてこの順番なんでしょうね。実は十二支がどうやって決まったかについての物語があります。今からその物語を紹介したいと思います。

年末のある日、神様が動物たちを集めて言いました。「1月1日、元日の朝、私が住むこの山までレースをしなさい。1番から12番までにゴールした動物は、1年ずつ交代で、順番に動物の王様にしてあげる!」

動物たちは神様の話を聞いて「よし!12番までに入れるように頑張ろう!」と思いました。猫は神様の話をちゃんと聞いていませんでした。途中で居眠りしていました。話が終わったあと、目を覚ました猫は「あれ?レースはいつって言ってたっけ。聞きそびれちゃった。」と言いました。

するとそれを聞いていたネズミがやって来てこう言いました。「猫くん。レースは1月2日の朝だよ!頑張ってね!」「ありがとうネズミくん!」あれ?1月2日の朝でしたっけ?違いますよね。ネズミは嘘をついたんです。猫はネズミに騙されています。

12月31日大晦日の夜になりました。最初に出発したのは牛でした。「僕は走るのが遅いから、みんなよりも早く出発しなきゃ!」と牛が一番に出発しました。その様子をネズミがこっそり見ていました。

ネズミはそーっと近づいて牛の背中に乗りました。牛は気づいていません。ネズミは自分で走らずに牛に連れて行ってもらおうと考えているんですね。ネズミはずる賢いですね。

夜が明けると、他の動物達も出発し始めました。ウサギはピョンピョン跳ねていきました。トラは「絶対1番になってやる!」とすごいスピードで走ってウサギを追い越していきました。辰は空を飛んでいきます。蛇はニョロニョロと地面をはっていきます。

馬と羊は仲良しです。「一緒に頑張ろう!」と仲良く走っていきます。猿と犬は仲が悪いです。喧嘩をしながら走っています。そこに鶏がやってきました。「喧嘩しないで!」と、二匹の喧嘩を止めました。二匹が喧嘩をしないように、猿と犬の間を走っていきました。

神様が「牛が一番かぁ!」と思っていると、ネズミがピョーンと飛び降りて先にゴールしました。それでネズミが1番、牛が2番になったんです。3番目にはトラが、トラに続いてウサギがゴールしました。その次にゴールしたのは辰です。その後蛇もニョロニョロやってきました。

馬と羊は仲良く一緒に走ってきました。でもゴールの直前で羊が「馬さん、お先にどうぞ。」と譲ったので、馬が先にゴールして、馬、羊の順番になりました。猿と犬が喧嘩をしないように鶏が間に入ったので、猿、鶏、犬の順番でゴールしました。

最後の1匹は何の動物でしょう。猛スピードでやって来たのはイノシシです。イノシシはスピードを出しすぎて、神様の住む山を越えて隣の山まで行ってしまいました。「行き過ぎた!」と気づいて戻って最後にゴールしました。という訳で十二支は、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥。この順番に決まったんです。

皆さん、ネズミに騙された猫のことを覚えていますか。猫はどうなったんでしょう。1月2日の朝、猫が神様のところに行きました。誰もいません。「誰もいない!一番だ!」と思ったら、神様からレースは昨日だったと聞いて、猫は「ネズミに騙された!」と気付きました。怒った猫はそれ以来、ネズミを見ると追いかけるようになったんだそうです。

今日は十二支を紹介しました。今日はこれでおしまい。またね!

Downloadable Audio

This content is locked

Login To Unlock The Content!

More Lessons

Subscribe
Notify of
2 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Kimera Del Toro
Kimera Del Toro(@kimeradeltoro)
2022-01-03 11:14 pm

その話はめっちゃ可愛いんです
僕は辰年生まれです
いつもありがとうございます